FC2ブログ

みずすまし隊の日記

お久しぶりです。モトです。

いよいよ12月で今年もあと少しですね。

今年はエルニーニョ現象の影響で暖冬と言われてますね。

先日、12月だというのに気温が25度以上の夏日が記録されたのには驚きました。

とはいえ、今シーズン雪が降らないとは限りません。

ぜひ車は冬仕様にしておきたいものですね。

ではどうすればいいのか

私も詳しく知らなったので調べてみました。

バッテリー
冷却液
ワイパー
凍結防止
タイヤ&チェーン
サビ など

最低限このあたりは対策しておいたほうがいいみたいです。

バッテリーや冷却液は自動車屋さんなどで点検してもらえばいいですが

ワイパー・凍結防止・タイヤ&チェーン・サビあたりは自分でも対策することが多そうです。

まずワイパーは上げて駐車すること
これはワイパーを壊さないためみたいです。
ワイパーゴムが凍り付いてちぎれてしまったり
モーターが壊れて作動しなくなったりするのを防ぐためだそうです。

そしてドアやフロントガラスの凍結防止には
フロントガラスのカバーや氷解スプレーを用意しておいたほうがいいみたいです。

あと雪が降ったり路面が凍結したりした時は塩化カルシウムが散布されます。
塩化カルシウムは塩分なので付着したままにすると車体(鉄)が錆びるみたいです。
ですので車を水洗い(とくに下回り)をするのがいいみたいです。

最後にタイヤ&チェーンですが
道路と唯一接地するタイヤ関係はとくに重要みたいです。
まずタイヤはスタッドレスタイヤにしチェーンは常備しておいたほうがいいみたいです。
場所によってはチェーン規制されているところもありますししっかり準備しておきたいものですね。

タイヤチェーン1
スタッドレスタイヤ1


徳島県ではそんなに雪は降りませんが年に数回大雪が降るときもあります。
もしものためにしっかり対策をしておきたいですね。

以上モトでした。
2018.12.05 / Top↑
お久しぶりです。ヤマボーです。

「国連は22日、気候変動の主な原因である大気中の温室効果ガスの濃度が史上最高記録を更新したと発表し、行動するため

の残り時間が少なくなっていると警告した。」

というかなりショッキングなニュースを目にしました。

この大きな課題が叫ばれてずいぶん久しいですが、いまだに根本的な改善には程遠いのが現状です。

「国任せ、他人任せ」ではなく、一人ひとりが能動的に取り組む姿勢が大切だと思います。

今回は最近手にした、(一社)Forward to 1985 energy life 代表理事 野池政宏さん著小さなエネルギーで豊かに暮らせる住まいを

つくるという本を紹介します。

1985年当時の日本の家庭における電力消費量は現在のおよそ半分だそうで、エネルギー半減をめざす1985アクションを掲げ

ており、様々な有益な情報を提示しております。

著者曰く、課題を解決し、新しいエネルギー社会をつくるためには、再生エネルギーへのシフトと省エネルギーの推進が両輪として

必要不可欠だとし、ここで省エネに関しては、(産業、業務、家庭、運輸)の各部門がエネルギー消費を行っており、それぞれが取

り組むべきことですが、その中でも家庭部門は、日本に住むほぼ全ての人が当事者です。

省エネと言っても、ただ電気に絞って節電するのではなく、エネルギーの使い方そのものを賢く変えていくことで、それが電力消費

量の削減につながるという流れが正しいということを主張しています。

能動的に自分たちの家でエネルギーとどう付き合っているかを考えたほうが、より身近なものとしてエネルギーというものを見るこ

とができるのではないか。

どうしても、普通の人が家庭の省エネ行動として意識することは、設備機器の使い方と選び方を工夫することばかりに向きがちで

すが、それよりも建物に工夫をしたり、太陽や風とうまく付き合う暮らし方など住まいの改善によって室内環境を向上することに目

を向けて欲しいと訴えています。

僕も近い将来新たに家を建てるか、はたまた既存の家をリフォームするか選択に迫られることになるかと思いますが、その時はも

ちろんのこと、今自分が住んでいる住環境の中でも改善できることはあるので、この本に書かれた内容を積極的に取り入れていき

たいと思います。

今年には、今住んでいるエリアで、火災事故が招いた一斉停電を体験しました。あの時は幸運なことにほんの1、2時間で復旧し

ましたが、冬場だったのでこれがいつまで続くのかとすごく不安になった覚えがあります。

南海地震もこの先いつ起きるかわかりません。

今一度、災害意識の高まりと同時に省エネに対する意識を高めていこうと思います。
20181126





2018.11.26 / Top↑
11月3日(土)、快晴の中。
今年も「浄化槽法指定検査機関 四国地区協議会 ソフトボール大会」を開催しました。

a (1)
a (2)
今年の試合会場は徳島。
四国三郎の郷の南側にある「吉野川河畔ふれあい広場」で開催されました。

子供から大人まで多くの参加者が集まり、今年も打つ・走る・投げると、四県四様の珍プレイ好プレイを繰り広げました。
その結果、見事優勝を果たしたのは愛媛県おめでとうございます!

そして、残念ながら今年は優勝を逃して最下位だった徳島県環境技術センター。
ですがこのソフトボール大会、勝敗だけが全てではありません。
爽やかな自然の中で体を動かし、皆で楽しい時間を過ごせたら、それが一番です。
あくまで過程が大事。結果は二の次、三の次です。

そんなわけで、


来年は優勝目指して頑張りたいです。


以上、サワーでした。
2018.11.08 / Top↑
お久しぶりです。マーボです。

突然?ということもないのですが

この11月3日(土)11月4日(日) に 

あすたむらんど徳島 で開催される

サイエンスフェアー2018 に出展します。

かわいい指輪が作れますのでみなさまご参加よろしくおねがいします!


2018.11.01 / Top↑
お久しぶりです、おーしゃんです(^-^)/

週末のお休みの日、妻と子供と散歩している時にふと空を見上げると、虹が出ていることに気づきました。

よく見てみると、その虹の少し上にもう一つ虹が出ている事に驚きました。

珍しいな~、と思いながら一応写真に撮って後で調べてみたところ、滅多に出会えない現象であるということがわかりました。

この現象はダブルレインボーといわれているらしく、色々と条件が揃わないと見ることができないので、幸運の象徴になっているようです。

ダブルレインボーにはそれぞれ「卒業」、「祝福」という意味が込められていると言われています。

「卒業」とは今までの自分の頑張りが報われる節目を意味しています。頑張ってきた自分への「お疲れさま」という意味が込められているそうです。

そして「祝福」にはこれから幸せが訪れますという意味が込められており、未来への幸福を表しています。

スコールの多いハワイではよく虹はでるようですが、二重の虹を見ることができるのは稀だそうで、見たら消えてしまう前に願い事を唱えると叶うと言い伝えられています。

雨上がりや天気雨の時は虹が出やすいようなので、ダブルレインボーに出会えるかもしれません。

その時は願い事を忘れないようにですね

虹
2018.10.07 / Top↑